講座

50年香るバラのモイストポプリ作成講座

  記念日やお祝いで花束をもらったら、この美しい姿のまま、いつまでも咲いていてほしいと願うのは私だけでしょうか。  

生花の姿をいつまでも残したい

  花の命は儚く、私の気持ちとはうらはらに、色鮮やかな姿はやがて失われていきます。それでもドライフラワーにしてみたり、シリカゲルでレカンフラワー風に残してみたり。様々な形で、お花の姿を留めてきました。  

モイストポプリは生花の香りを残す

  生花の素晴らしさは、色形のといった姿だけではありません。香りもその魅力のひとつです。形をそのもので残すことはできませんが、モイストポプリという方法で、その香りを長く楽しむことができるのです。。  

中世ヨーロッパで香水と共に大流行したモイストポプリ

    モイストポプリとは、塩やお砂糖を使ったポプリの事です。私はお塩を使ったモイストポプリをよく作ります。お花の見頃が過ぎようとした頃に、その花びらを天然塩に漬け込んで作ります。上手に出来上がったモイストポプリは、なんと50年以上も香り続けると言われております。残念ながら、私はまだ生誕50年を迎えておりませんので、その真偽は申し上げられませんが、3年以上前に作った桜やバラのモイストポプリは、今も変わらず香っています。     私自身の結婚式で、高砂に飾られていたバラの花々。その一部を持ち帰りました。その一輪一輪は、短めに切りそろえられたアレンジでしたので、ドライフラワーには向かず。。。そこでモイストポプリにして残しておきました。何個か作ったのですが、幸せのおすそ分けをさせていただき、今はひと瓶だけ手元に残っています。     さて、アニバーサリーにいただくお花で、モイストポプリを作れるようになってみませんか?時々そっと蓋を開けて、その香りを吸い込むと、記念日の思い出が蘇るでしょう。    

50年香るバラのモイストポプリ作成講座

  今回は私の大好きな花であり、女性のミカタでもあるバラの花で、モイストプリを作ることにいたしました。     日付 10月23日(月)、10月25日(水) 時間 13:00~14:30 場所 旭川市緑が丘東1条3丁目1-6 旭川リサーチセンター内 せり香オフィス 料金 1,500円(材料費・講師料として、当日会場にて申し受けます) 定員 各回2名 締切り 前日まで 日曜日のクラスもあります 日付 11月5日(日) 時間 13:00~14:30 場所 旭川市内(お申込み後にお知らせします) お申込み・お問合せはこちらから↓ https://ssl.form-mailer.jp/fms/50e4e358536793  

10/15(日)まるで香水のようなハーブローション作成講座

季節の変わり目ですね。気温が下がってくると同時に、お肌の乾燥が気になってきませんか? 洗顔後のローションは、気持ち多めに使うようになりました。そして、使用感もしっとりタイプのものに切り替えました。夏の疲れも癒しつつ、乾燥対策も心がけたい時期となりました。  

化粧水は手作りで

    私は10年くらい前から、ハーブを使ったローションを手作りしています。ハーブを使って「チンキ剤」と呼ばれる原液を作り、それを精製水で薄めて化粧水にしています。チンキ剤は何年も保存できるので、いろんなハーブで作ってみては、その時の気分やお肌の状態に合わせてローションにしています。 ハーブによって、薬っぽい香りのものや(それはそれで効果がありそう?!)、かぐわしい香水のようなものまで、香りも使い心地もさまざま。 チンキ剤は長持ちしますが、精製水で薄めてローションにしたものは、防腐剤が入っていないこともあり、1週間から10日くらいしか持ちません。ですから、その度に別のチンキ剤を選び、香りに変化をつけて楽しんでいます。  

まるで香水のようなハーブローション

    これまでに何度も開催してきた「まるで香水のようなハーブローション作成講座」。リピートしてくださる方が何人も。その度に別のハーブを選んでくださって、手持ちの種類をどんどん増やしてくださっています。 このまま香水にしてもいいのではと思うほど、うっとりするチンキ剤もあります。なんといってもお顔に使うものですから、いい香りだとそれはそれは幸せを気持ちになれます。 特に人気の高い2種類は、ゼラニウムとフランキンセンス。 ゼラニウムは、私の家で育てているフレッシュな枝を、講座当日に刈り取ってお持ちしています。ちょっともったいない気もしますが、ゼラニウムはすくすくとよく育ちます。せっかく大きく育ったのですから、ローションになっていろんな方に役立ってもらった方が幸せでしょう。 そしてフランキンセンスは、中東に育つ植物の樹脂です。まさかこれがローションできるとは思っていませんでしたが、チンキ剤にしてみると神聖な香りで癒されます。しかも乾燥肌にはうれしい、しっとりタイプ。これから冬にかけての定番です。もう、何度作ったかしらというくらい、私もお気に入りです。  

シミが消えるって本当?!

      この粒は「ハトムギ」別名「ヨクイニン」という生薬。健康茶などでも知られていますよね。このハトムギエキスの化粧水を使っている友人が「シミが消えるよ!」と教えてくれたのです。そして、一緒にいたもう一人の友人も、同じ化粧水を使っているそうで、二人とも本当にシミがないの!うらやましいっ!! 夏のダメージが残っている私のお肌。ぜひハトムギでクリアーな素肌に戻りたい! でも、市販の化粧水には防腐剤が入ってますよね(そうでないと薬事法により販売できないという理由もありますが) それならば、得意の手作りをいたしましょう。ハトムギもハーブと同じように、チンキ剤に出来るはずです。 ハトムギはお茶として飲むと、肌荒れに良かったり、イボ取りでも有名です。シミにもいいだなんて、うれしいではないですか。 肌荒れ、ニキビ、シミにお悩みの方、一緒にハトムギのローションを作りませんか? ハトムギだけでなく、ゼラニウムにフランキンセンスをはじめ、この時期にオススメのハーブを数種類ご用意しますので、香りのお好みやお肌の調子と相談してお選びいただけます。   「まるで香水のようなハーブローション作成講座」 日時 10月15日(日)10:00~11:30 場所 旭川市宮前2条1丁目 「あさひかわ北彩都ガーデンセンター」 料金 3,000円 (材料費・講師料として、当日会場にて申し受けます) 定員 6名 締切り 10/14まで お申込み・お問い合わせはこちらから↓ https://ssl.form-mailer.jp/fms/ee15c9fd536789  

← 戻る

←古い記事を見る